chibaの山と山スキー  Home > オススメの山  > 会津駒

オススメの山

会津駒ヶ岳

燧を望む、左下の小屋が駒の小屋 '96/9
燧を望む、左下の小屋が駒の小屋

   会津駒ヶ岳は名前の通り、南会津にある山です。私はマイナーな山だと思っていましたが、意外と登る人がいてびっくりしました。燧に比べると人は少ないですが、やはり「100名山」だからでしょうか。会津駒は上部は豪雪のためお花畑(草原)になっており、展望も良く、つらい登りがむくわれる気がします。頂上部だけ木が生えており、燧方面しか展望が無いですが、中門岳へ向かう稜線は広々としており、ゆっくりと散策したくなります。冬は豪雪のためすごい積雪となり、山スキーも有名なようです。(私の山スキーの記録1998)  (私の山スキーの記録1999★good)

  私が会津駒に登ったのは9月でした。桧枝岐の滝沢口から登りました。林道の最上部の駐車場に車を停めようと思いましたが、いっぱいで停めれませんでした。ずいぶんと登山者が入っているようです。階段を登り、登山に入ります。最初は森林帯の中の急な尾根歩きで、なかなか疲れます。どんどん登り途中から針葉樹林帯に入りました。この当りから右手に頂上から延びる稜線が見えてきます。歩き続けると、木が粗になり、駒ノ小屋下の草原に出ます。ここからは頂上までは草原となっています。雪がある頃に来ると大斜面となり、滑降が楽しいです。駒ノ小屋の前を通って頂上へはちょっと歩くと着きます。頂上は予想に反して木が多く燧方面の展望しか得られません。多くの登山者は展望が良い草原の中の道を中門岳まで往復します。私も中門岳を往復し、大津岐峠まで縦走し、キリンテに下山しました。

オススメの山へ戻る

途中から頂上部を望む'96/9
尾根途中から頂上部を望む

頂上直下の草原'96/9
頂上直下の草原。遠くの山は日光白根山

頂上からの展望'96/9
頂上からの展望。右の山は燧ヶ岳

中門岳への道'96/9
中門岳への道。ずっと広い尾根が続きます。

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰

近くの山々   燧ヶ岳   尾瀬沼   至仏山   水芭蕉   アヤメ平   燧山スキー   会津駒スキー

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com