chibaの山と山スキー  Home > オススメの山  > 尾瀬沼

オススメの山

尾瀬沼

尾瀬沼と日光キスゲ
尾瀬沼と日光キスゲ、'98/6

  尾瀬沼は有名な尾瀬の福島県側にある沼です。春の水芭蕉、夏の日光キスゲ、秋の紅葉の時期はものすごい人手になります。あまりに人が多いので、土日には来たくないのですが、まあ会社の休みで行ける日が決まってしまうのでだいたい人が多い季節に出かけます。毎年、1回以上は尾瀬沼に足を運びます。

  私は桧枝岐村から歩くことが多いです。桧枝岐までの長いドライブを終え、ぶな平などの心が落ち着く森を通り御池に到着します。尾瀬が混んでいる時などはぶな平の方が落ち着くぐらいです。御池からバス等に乗り沼山峠に向います。人が多い季節はバスは頻繁に出ているので時間を気にする必要はありません。沼山峠からはちょっと登りがあり、本当の峠までちょっと歩きます。峠までは木道が完備されているですが、そこからは季節によってはドロの登山道を歩きます。団体旅行の観光客が苦労するところです。どんどん下ると大江湿原が見えてきます。日光キスゲの季節なら黄色一色にそまる湿原です。湿原の中を木道に導かれて尾瀬沼湖畔に着きます。

  私は秋に尾瀬に行くことが多いです。尾瀬沼一周での紅葉撮影が目的です。紅葉は逆光で透かして見ると色が映えるので尾瀬沼に映える紅葉を撮影しに行きます。この場合は団体観光客に混じって(ちょっと蔑視があるかな?)尾瀬沼をゆっくり一周します。尾瀬沼に映える紅葉を撮るなら、当然撮影ポイントは尾瀬沼の北側となります。私の好きなポイントも尾瀬沼と燧ヶ岳の間が多いです。尾瀬沼の南側では順光になってしまい、ちょっと写真的には映えません。しかし、燧ヶ岳と尾瀬沼を撮影するためには尾瀬沼の南側を歩かなければなりません。燧ヶ岳に陰影をつけるためには朝か夕方の撮影が望ましいです。よって、尾瀬沼を朝歩くときは尾瀬沼を時計周りに一周することが多いです。

  10月始め頃になると、山の紅葉が見頃になります。紅葉の良い時期は本当に短く、すぐに雪が降って枯れてしまいます。時期が短くぱっと散るという点では桜に似ているかもしれません。そんな所が尾瀬の魅力だと思います。

オススメの山へ戻る    尾瀬の花、等
尾瀬沼紅葉
尾瀬沼の紅葉('96/10月初旬)

尾瀬沼
尾瀬沼を望む(尾瀬沼北側にて)

赤色とは・・・・
紅葉(尾瀬沼北側にて)
紅葉とは「くれないの葉」と書きます。もともと赤い葉を呼んだのでしょうか?

大江湿原の初夏
大江湿原の初夏('98/7月初旬)

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰