chibaの山と山スキー  Home > オススメの山  > 立山

オススメの山

立山

ミクリガ池より立山連峰を望む
ミクリガ池より立山連峰を望む('99年5月)

   立山は北アルプス北部で最も高い山です。 標高3000m以上の山が少ない北アルプスにおいて、立山は標高3000mのピークを2個もっており、貴重な存在です。 東側は黒部川まで一気におちておりすばらしい眺めです。 また、黒部側の谷には雪が多く積もり、夏でも雪渓が残っています。 特に蔵ノ助カールでは化石氷体が見つかっているようです。 日本にも氷河期の雪が残っているかもしれません。
   立山から黒部川へ伸びる谷は上部がカール状になっており、 山スキーに最適です。 南から御山谷、タンボ谷、御前谷、蔵ノ助谷、真砂沢とすばらしい谷が続きます。 私は御山谷、タンボ谷(タンボ平)、真砂沢を滑りましたが、どれも後立山連峰を望み滑ることが出来、すばらしい高度感、雪質で楽しめました。 また、西の室堂側でも雪が多く積もり、晩秋と春はスキーを目的として沢山の人が入山するようです。 私は雷鳥沢を滑りましたが、斜度があり室堂へ落ちて行く感じで、なかなか良い所です。 なお、下から見て右の尾根の方が人が少なく滑りやすいと思います。

   私が立山に登ったのは1994年8月でした。 以前、私は日本の標高3000m以上の全山踏破を目指していました。(大した目標では無いですが・・・) その中で立山は私が最後に登った3000m峰でした。 乗鞍を除くと一番楽に登れる3000m峰だと思っていたので、最後になりました。 お花畑が広がる室堂に到着して、観光客が多いのにびっくりしました。 一ノ越まではコンクリート舗装された道が続き、興醒めです。 スカートやハイヒールの観光客もここまでやってきてました。 一ノ越からはさすがに岩が多い道になります。 急な道を登ってゆくと雄山の頂上にひょいと出ました。 頂上には神社があり、神主さんの御祓い(?)のあとにお神酒をもらいました。 こんな山は初めてでした。 ちょうど天気が良く、八ヶ岳から中央アルプス、南アルプスまで見えました。 下に望む御前谷カールには残雪が多く残っているのが見えました。

   立山は立山黒部アルペンルートのおかげで非常に人が多い山です。 それゆえ敬遠していたんですが、最近は山スキーのすばらしいフィールドだと言うことを知ってしまい、私にとって何度でも行きたい場所になっています。 御前谷や山崎カール等滑りたい所がまだ沢山あります。 スキーの腕を磨いてチャレンジしたいです。 と言うことで山スキーにオススメの立山でした。(夏の立山はダメだという訳ではありませんが。人が多くて・・・)


オススメの山へ戻る      1998年立山山スキー      1999年立山山スキー

雄山の上りから一ノ越を振り返る
雄山の上りから一ノ越を振り返る('94年8月)

雄山頂上。祠がある
雄山頂上。祠がある

御前谷カールと針ノ木岳、遠くに八ヶ岳が見える
御前谷カールと針ノ木岳、遠くに八ヶ岳が見える

雄岳頂上から室堂を見下ろす。ずいぶんと複雑な地形だ
頂上から室堂を見下ろす。ずいぶんと複雑な地形だ

アルペンルート大観望からタンボ平を見下ろす。
アルペンルート大観望からタンボ平を見下ろす。5月はこんな感じ

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com