chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 磐梯山

山スキーの記録2000

赤埴山


磐梯山
磐梯山を望む。赤埴山より。

行動日  2000/1/16
コース: 猪苗代スキー場-赤埴山(往復)
単独

   そろそろ大丈夫かと思い、磐梯山へ向かった。しかし、雪が少なく途中の赤埴山で引き返した。


   天気は良く、吾妻連峰が西大巓から東吾妻まで見え、安達太良連峰もバッチリ見えている。 眼下には猪苗代湖を見下ろすことが出来る。 しかし、磐梯山は頂上部にちょっと雲をかぶったりする事がある。 雪は少なく、ゲレンデ下部で30cm程、上部で80cm程か? 非常に少ない。 最上部のリフトからスキーを担ぎ、尾根上でシールをつける。 尾根上は木々が多く、歩きにくそうだ。 しかし、赤テープと登山者の足跡があり目印になった。 雪は弱いアイスバーンの上に1cm程新雪が乗った状態で不安定だ。 この状態ならツボ足で歩いた方が早そうだが、せっかくだからシール歩行とする。 しかし、雪の界面でずれ、シール歩行がうまくいかないことがあった。 雪は少なく岩が所々あり、登りにくい。 赤埴山に近づくと尾根上は雪がなくなり、夏道が見えている。 しょうがないので尾根の脇を歩くが、最後には雪がなくなってしまった。 諦めてスキーを脱ぎ、赤埴山へ登った。 ザレの道だった。 頂上からはすばらしい展望だった。安達太良が一望に見える。 箕輪山がやけに白い。 潅木が多いと言うが、滑れそうにみえる。 北は西吾妻から東吾妻にかけてが見える。 西大巓から西吾妻にかけては樹氷が発達しているようだ。 写真を沢山撮り、磐梯山を良く眺めた。 やはり新雪は少ないようで色の変わった斜面が所々に見える。 今回は雪が少ないのでここから帰る事にした。

   スキーの所まで戻り、シールを外し、滑降にかかった。 しかし、潅木が多く、満足に滑れない。 横滑りを多用する。 あと2mは積もらないと、潅木は隠れそうに無い。 最後はリフトの終点に到着し、そこからゲレンデを滑った。 ゲレンデは春のようなザラメ雪だった。

   今回は磐梯山へは行けなかったが、状況は良く分かった。 もっと雪が積もったらまた来たいと思う。 しかし、偵察したところ、木も多く斜面も急で頂上から滑るのは私の腕では難しそうだ。

  山スキーのページへ

安達太良連峰
安達太良連峰を遠望する。左は箕輪山。

猪苗代湖
猪苗代湖を見下ろす

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー tomo@chiba3.com