chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 月山

山スキーの記録2000

月山


ぶなの森
志津上部のぶなの森

行動日 2000/5/20
コース:姥沢駐車場-月山リフト-牛首-標高1880m-牛首下-姥沢駐車場
同行者:O氏

   一月前に悪天候のため滑らずに撤退した月山に再挑戦してきた。 今回は霧のため1880m付近で撤退した。

   天候は曇り、但し1400m以上は雲の中だ。 月山リフトまでスキーを担いで登った。 リフト代は560円(高い!)。 途中から霧の中に入ってしまい展望がない。 リフト終点でシールを装着し、月山山頂を目指した。10:55出発。 最初は右へトラバース気味に登っていく。 霧で視界は30m程のため、コンパスで方向を確認しながら登る。 姥ヶ岳に登らないように行ったが、途中の金姥に登ってしまった。 シールつけたままちょっと滑って鞍部に下り、そこからまたシール登高する。 紫灯森では一部雪がなくなっておりスキーを担いだ。 牛首と見られる鞍部を越えると斜度が次第にきつくなり、ジグザグに登る。 最後は左の方に登っていくと雪が少なくなり、シールでは登れなくなった。 スキーをデポし、夏道を山頂へと歩き出すが、石がゴロゴロして登りにくい。 途中であきらめ引き返すことにする。時刻は12:20、 高度計は1880mを指していた。 頂上まであと100m強のはずだが、霧でどこが頂上かわからない。 昼ご飯を食べ、ビールを飲んだ後にスキーデポ地に戻った。
   13:00滑走開始。途中までは行きと同じ道をたどる事にする。 雪は硬いザラメでまあ滑りやすい。 但し、霧と雨のためメガネが曇り平衡感覚がおかしい。 鞍部(牛首?)から標高1600mまではゆるい斜面を下った。 雪面は雨で出来たと思われる溝が多く、滑りにくかった。 そこから右にトラバースし月山リフト方面に向かう。 途中で柵があり、「月山リフト→」とあったが、無視してそのままトラバースする。 (どうも本当は滑走禁止のルートらしい) トラバース気味に高度を落とすと雪の割れ目が出てきた。深いところで5mはありそう。 O氏はうまく渡ったが、私は渡り損ねてスキーをはずして割れ目の浅い所を渡った。 そこから小さい割れ目をいくつか越えて月山リフト下の小屋に到着した。 時刻は13:30。トラバースが多く、滑りはあまり楽しめなかった。 滑り足りないので、ばったり会ったH氏と一緒にゲレンデを2本滑って月山を後にした。

  山スキーのページへ戻る
雪面のシマシマ
雪面が縞々になっていた。キリの中を滑った。

雪の壁
姥沢駐車場の雪の壁(6〜7mはあるだろうか?)

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー tomo@chiba3.com