山スキーの用具


会津駒ヶ岳の滝沢口途中の樹林帯

   山スキーの用具に関して考えていることをざっくばらんに書きました。山スキーを始めようと思っている方の参考になればと思います。


スキー板

   山スキーに使うスキーは登山用品店へ行くと売っています。普通のゲレンデ用板とどう違うかは見かけでは分かりません。まあ、ゲレンデ用の板でもどう違うかよくわかりませんからね。しかし、悪い雪でも滑れるように幅広い性能を持っているようです。また、軽い板が良いと言う人もいます。確かにスキー板を履いて登らなければならないので軽い方が良いです。しかし、滑走性能を犠牲にしてまで軽くするのは問題です。滑走性能を求めて最近はゲレンデ用の板で滑る人も多いようです。最近話題のカービングスキーは山スキーに最適なような気がします。曲がりやすく、幅が広く、新雪でも大丈夫だろうと思われます。
   山を滑るならスキー以外にもテレマークやボードという選択肢があります。テレマークは歩くことが出来、熟練すれば非常に軽快に滑ることが出来るようです。また、ボードは幅が広く新雪には良いです。意外と悪い雪(アイスバーン、モナカ)等にも強いようです。私もテレマークかボードかスキーか悩みましたが、ボードは歩くことが出来ないのでやめました。テレマークを覚えるには時間がかかるので、結局山スキーになってしまいました。私はダイナスターのイエティという板ですが、すごく滑りやすくて気に入っています。ニセコのパウダーでも問題無く滑れました。なお、ニセコではK2のScorpionにテレマークのビンディングをつけている人とか、ダイナスターのBigという幅が150mmもありそうな板(スキーです)とか個性的な板の人がたくさんいました。そんな組み合わせもパウダーを求めるなら良いかもしれないです。 最近は山でロシニョールのバンディットを見かけることが多いです。これから山スキー用具をそろえる方は候補に入れておかれると良いと思います。


ビンディング

   ビンディングとしては山スキー用の踵が上がるタイプかゲレンデ用を選べます。滑走性を求めるならゲレンデ用のビンディングでしょう。私は山からスキーに入りましたが、最近はゲレンデスキーから山へ向う人が多いようなので、滑走性能を求める人はこれがいいでしょう。しかし、これでは山を登ることが出来ません。春のザラメならつぼ足でも良いですが、粉雪では登ることが出来ません。スノーシューを用意するか、シールをつけてアルペントレッカー等の踵が上がるビンディングにする必要があります。私もアルペントレッカーで山を登りましたが、ほとんど履いている人を見たことがありません。売れていないのでしょうか?いいアイディアだとは思うのですが。登山用品店では1時間程度の登りなら我慢できるけどそれ以上はやめた方が良いと言われましたが、実用上不便を感じたことはないです。私はアルペントレッカー+スキー靴で会津駒の登り4時間を登りきり、足がすれたりしませんでした。スキー靴との相性によるのかな。また、各地であるガイド同行のツアーではアルペントレッカーを準備してくれるところもあるようです。

   山スキー用のビンディングは各種ありますが、皮靴ではけるものと、プラスチックの兼用靴専用の物があります。私はディアミールという兼用靴専用のを使っています。(最近はディアミール2になりました。)セイフティがゲレンデ用と同じぐらい充実していて安心できます。軽いのを求めるならジブレッタのイージーゴーというのが軽そうです。ただし、カーボンファイバーを使っているので、折れそうで心配です。金属なら過大な力がかかった時には塑性変形しますが、カーボンファイバーは折れてしまいます。まあ、私は他のビンディングを使ったことがないのでどれが良いかは良く分かりません。店で聞いて見てください。

ディアミール使用上注意:(ディアミール2ではないです。)
  ヒールのピースは細くて折れやすいです。靴の底に雪がついている時はよく落としたほうが良いでしょう。私は思い切り踏み込んだら片側が折れてしまいました。
  クライミングサポートがついていて4段に切り替えれますが、一番高い段は固定が甘くすぐ3段目になってしまいます。だから4段目はほとんど使いません。(ディアミール2はそうでもないといううわさです。)
  段の替え方、後ろの穴にストックを挿して、てこの原理で段を替えます。 簡単に段を替えることが出来るので試してみてください。 ストックのリングに引っ掛けて引っ張るより楽です。
   スキーアイゼンは簡単に取り付けることができます。但し、取り外しも簡単なので、靴を脱いだ時に落とさないように注意が必要です。私は乗鞍岳でシールをはがそうと靴を脱いだらスキーアイゼンが外れて雪の大斜面を転がっていき、なくしてしまいました。こんな失敗はあまりしないかな?


スキー靴

   靴の選択肢としては登山靴、兼用靴、スキー靴の3通りが考えられます。山歩きとスキーをする人は登山靴とスキー靴の感じは分かると思います。私が持っているノルディカのTR9という兼用靴は履き心地はスキー靴そのものです。但し、くるぶしが多少自由になることと、靴底がビブラムになっているので滑りにくいです。当初は兼用靴を買うつもりは無かったのですが、GWに雪が少なく、歩く距離が長いために断念したツアーがあったために、購入を決めました。雪の上なら長いこと歩いても問題ないです。土の上や岩では足首の自由度が低いのでちょっとつらいです。スキー滑走時は問題無く滑れました。
   春の立山ではゲレンデ用スキー靴で来ている人がほとんどでした。当然、ビンディングも普通のゲレンデ用です。滑るだけであまり歩かないならそれで良いのかもしれません。


シール

   シールとはスキーの滑走面に滑り止めとして毛が生えたものをつけるものです。 毛の裏はノリが付いており、滑走面に接着します。 滑走時はシールをはがし、しまいます。 シールは長い深雪を歩いたり登る場合に有効です。 ゲレンデのトップから山頂まですぐに付いてしまう場合は不要です。 また、春スキーの様にザラメ雪しか無い場合は歩いた方が早い場合があります。
   私はポモカのシールを使ってます。ノリが弱くて最初は苦労しましたが、塗り足したら大丈夫になりました。シールの幅は色々議論があるようです。私はエッジを出してますが、エッジが出ないように前面にシールを張ったほうが良いという意見もあります。カービングの場合はワイドシールを買って自分で加工する必要があります。最近はショップでカッティングをやってくれる所もあるようです。


装備

   ストックはブラックダイヤモンドの2段可変ポールを使っています。以前はレキの3段可変ポールを使ってましたが、レキは寒くなると段の固定が甘くなりがちでした。また、ねじるというのは手袋を使っては難しいので、ブラックダイヤモンドの簡易的な固定構造は気に入ってます。でも、これで固定が甘くなったりはしないので、オススメです。
   無線機は出来るだけもって歩くようにしています。無線機はヤエスの144&430のデュアルです。コールサインは7M3QJZです。
   高度計、磁石も必ず持っていきます。霧になると自分の位置を確認することが困難になります。そんなときには高度計と磁石が必ず必要です。高度計はカシオの腕時計内蔵型を使ってます。 最近は街でもCASIOのプロトレックシリーズをつけている人が多いですが、はたして機能を使いきっているのでしょうか?GPSは持ってませんが、山で使っているのを見ることがあります。天気が悪いときは有効だと思われます。
   地図は2万5千の地形図をコピーして、雪がついても大丈夫なように透明な袋に入れて使ってます。透明な袋は事務用品店にある郵便用のものが良いと思います。これならふたがシールになってるので簡単に閉止できるし、価格も安いです。是非試してみましょう。
   他には持ち物として、ゴーグル、サングラス、日焼け止め、目出帽などです。 サングラスは天気が晴れの時に使用し、ゴーグルは吹雪や風が強いとき使います。 スコップはまれにしか持っていきません。 ツェルトはいつも持っていくようにしています。いざという時に役に立つでしょう。 雪崩ビーコンはまだ持ってません。そろそろ購入を考えてます。

山スキーのトップページへ

本HPを見て興味を持った方はメール下さい。
おなまえ

メールアドレス

メールアドレス (再度入力)

タイトル

メッセージ

控えを送る(送信元へ写しを送信)


トップ   オススメの山   山歩き   山スキー   更新記録   私は誰

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com