chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 茶臼岳2002

山スキーの記録2002

八幡平

八幡平茶臼岳直下から岩手山を遠望する
茶臼岳直下から岩手山を遠望する

行動日  2002/1/2
コース: 八幡平スキー場-大黒森-恵比寿森-茶臼岳-(滑降)-御在所温泉
           日帰り。同行者:O氏
           コースマップはここをクリック 62kB

   3年続けて山スキー滑り初めとして八幡平へ行った。 コースはリフトで楽に標高を稼げる八幡平スキー場から茶臼岳を選んだ。


   天気は晴れ。風も弱い。 積雪はちょっと少ないようで圧雪の跡はまだついていなかったが、 入山者は多いようでトレースがしっかりついていた。 ただし、ボーダーが多いようで、つぼ足のトレースが多い。 鞍部まで滑り、シールをつけて登り始めた。 久しぶりのシール歩行だが、それほど違和感なく歩けた。 O氏は「子供を担いで歩くより楽」などといっている。 ちょっとした登りと下り、そしてまたちょっと登るともう茶臼の小屋に到着した。 中ではマナーの良いボーダー6人が出発しようとしていた。 小屋でビールなぞ飲み、おにぎりを食べて休んだ後出発した。

   茶臼頂上部は雪が少なく、頂上につくまでにちょっと苦労した。 茶臼頂上に登らないで滑る人も多いようだ。 茶臼頂上では天気が良く、八幡平頂上方面の樹氷が良く見えた。 岩手山も良く見え絶好の山スキー日和だ。 頂上の南端東側から滑り出すことにする。 最初は横滑りも取り入れ南斜面にトラバースし、シュプールを描いた。 膝下の新雪で非常に気持ちが良く滑れた。 あっというまに鞍部についてしまった。 そこから前山までがんばって歩いた。 前山から下も良い斜面になっており、気持ちよく滑った。 ちょっと滑りすぎたため、東方面にトラバースしたが、この尾根はまだ積雪が不十分でちょっとブッシュに悩まされた。 尾根上に戻っても潅木が埋まりきらない斜面であり、表面がちょっと硬いシュカブラ気味になってきた。 あまりターンせず、南側の谷に出て、そこから橋のある車道を経由してスキー場の駐車場へ戻ってきた。
   久しぶりに新雪深雪を楽しむことができた。 やはり八幡平はすばらしいスキーのフィールドだと実感した。


  山スキーのページへ戻る
八幡平スキー(2000/1) 正月に3日間滑った。茶臼から5回滑走
八幡平スキー(2001/1) 正月に1日滑った。茶臼から1回滑走

八幡平茶臼岳雪景色
前山付近から茶臼岳を振り返る

八幡平茶臼岳への雪の稜線
稜線の雪道

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   山の写真     掲示板

chibaの山と山スキー tomo@chiba3.com