chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 栗駒山2004

山スキーの記録2004

栗駒山


中央コース上部から頂上を望む
中央コース上部から頂上を望む(パノラマはこちら

行動日 2004/5月上旬
コース: いわかがみ平−頂上(往復)
同行者:O氏

   宮城県側のいわかがみ平から栗駒山を目指した。非常にいい天気で気持ちよく滑れた。 ただし、頂上の風は非常に強かった。

   いわかがみ平へ朝の9時に到着した。 駐車場には出発しようとする山スキーの人や登山の人が数パーティーいた。 今日は天気も上々でいい山スキー日和になりそうだ。

   いわかがみ平からシールをつけて東側の谷にそって登った。 雪はザラメでシールがよくきく。 途中の沢には水がでていて、潅木が出た狭いルートを登った。 途中で潅木にさえぎられて一回スキーを脱ぐ。 東栗駒との鞍部が見えるようになって、どんどん登ると雪が薄くなって切れてしまった。 ただし、周りは草地のため、どこでも歩ける。 スキーを担いで20m程歩くとまた雪面に出た。 ここからは頂上まで雪が続いているのが見え、非常に広々とした斜面である。 滑るのを楽しみにどんどん登る。 上部では非常に風が強くなり、頂上直下にスキーをデポし、頂上に到着した。
   登り始めてから1時間半足らずで頂上についてしまった。 さすがにこの季節の栗駒は楽である。 頂上は潅木に霧氷が付き、白くなっている。 天気は快晴で鳥海山が見えるすばらしい展望だった。 スキーのデポ地まで戻り、おやつを食べた。 シールをさっさとはがし、滑降の準備をした。

   横風を受けながら滑り出した。 体が風に流され、うまく滑れない。 でも北側に回りこみちょっと滑ると気持ちよく滑れるようになった。 一気に下の方まで滑ってしまった。 同様に気持ちよく滑ったO氏ともう一本滑ることにする。 再度シールをつけて、登り始める。 ちょっと疲れが出たため、先ほどのスキーデポ地から少し下で終わりとする。 再度、シールをはがし気持ちよく滑った。 あっという間に下まで滑り降りてしまった。

   一旦、スキーを抜いて草地を渡り、下側の雪面に出て滑った。 潅木でスキーを脱いだ所で一休みとしておやつなどを食べた。 また、スキーをはいて、下まで一気に滑った。
   駐車場で昼ごはんを食べ、スキーを乾かしてから出発した。 いこいの村下にあるハイルザームとかいう温泉に入って、汗を流し、栗駒を後にした。 天気がよく、雪はちょっと少なかったけどお気軽に楽しいスキーを出来て満足した。

  山スキーのページへ
水が出てきた沢

上部の斜面を登る
上部の斜面を登る

下部はぶなの森
栗駒の上を飛行機が飛ぶ。

頂上からのパノラマ写真
頂上からのパノラマ写真。拡大はここをクリック

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com