chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 巻機

山スキーの記録99

巻機山


01
井戸尾根を望む

行動日  '99/3月中旬
コース:清水-米子沢-井戸尾根-1500m地点-井戸尾根-米子沢橋-清水

   やっと仕事も一段落したので、以前から行きたいと思っていた巻機山へ行ってきた。(井戸尾根ルート)しかし、天候悪化による強風のため1500m付近から引き返してきた。

6:30 清水出発
  清水の積雪は1m〜1.5m程、例年並みか? 天気は曇り、但し頂上ははっきり見えている。 清水の標高が600mなので、標高差1300m以上を登らなければならない。 ちゃんとした登りは久し振りなので、気合が入る。 雪は、アイスバーンの上に新雪20cm程、表層雪崩が心配だ。 先行者のシール跡をたどったら、米子沢の一つ南の谷沿いに登っている。 ずいぶん登ってから間違いに気づき、谷を越え、米子沢を登る。 おかげで30分程度タイムロスした。 夏に 下見 をしたので、大丈夫だと思っていたが、甘かった。地図をよく見るようにしなければ。

8:00 井戸の壁直下
  スキーを担ぎ、米子沢900m付近から井戸尾根上部に向って直登した。 急斜面を登りきり、途中から雪庇の上を歩く。 米子沢からの吹き上げの風が強く、地吹雪状態。風速10m程度。 飛ばされてきた雪、氷が顔に当り痛い。

8:40 井戸の壁上部着
  スキーを再び履き、登り続ける。 ぶな林の中は風が弱く、歩きやすかった。

10:00 標高1530m到着
  ここまで来るとぶな林が無くなり、雪原状になる。 雪煙で霞んだニセ巻機は意外に近く見える。 斜面の一部は風で新雪が飛ばされ、アイスバーンになっていた。 (スキーアイゼンがよくきいた。) 風を遮るものが無く、顔が凍傷になりそう。 残念ながら、今回はここで断念することにする。 先行の山スキーヤーが5〜6人いたが、この当りで断念していた。

10:40 滑降開始
  新雪は思ったよりも重く、曲がり難かった。しかし、悪くはない雪。 上部のぶな林を快調に飛ばすが、調子に乗り何度かこけて板を外す。 井戸の壁もしっかり雪が付いており、快調に滑れた。
11:10 米子沢橋到着
11:20 清水到着(標高600m)
標高差900mを40分だから、まあ良いペースだろう。下山後、越後湯沢で温泉に入り、帰ってきた。しかし、巻機山は遠い、帰りは一般道で7時間かかった。

   残念ながら頂上へは行けなかったが、春の巻機山の状態がよく分かった。 心配だった井戸の壁も難無くクリヤー出来、収穫はあった。 そのうち再度チャレンジする予定。

  山スキーのページへ
夏の巻機山
井戸尾根上部
井戸尾根上部

井戸の壁より
井戸の壁より

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com height=1>