chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 箕輪山2001

山スキーの記録2001

箕輪山


吾妻を望む
滑る途中で吾妻を望む

行動日  2001/3月中旬
コース:箕輪スキー場−箕輪山頂−東斜面滑降−鉄山−西尾根−国道115号
Mapこのコースが正しいかは責任を持ちません。(127kb)

   2月に行って敗退した箕輪山西斜面に再度チャレンジしてきた。 雪は重くて滑りはあまり楽しめなかったが、下部の森は良かった。

   天気は晴れ、箕輪スキー場から箕輪山頂が良く見える。 但し、斜面は凸凹で滑りにくそうに見える。 最上部のリフト降り場でシール、スキーアイゼンをつけ歩き出す。 雪は硬く、スキーアイゼンが良く効く。 西風が強いがそれほど寒くない。零下2〜3度ぐらいだろう。 潅木に雪が付き、コブ斜面のように見えるところをどんどん登る。 ここを滑るのは相当技術がいりそうだ。 南に巻きながら登って、箕輪山頂に到着した。

   天気は晴れで磐梯山や吾妻の連峰が良く見える。 いったん鞍部まで降りる必要があるが、斜面は凸凹で滑る気がしない。 南の稜線を見ると西斜面は潅木で凸凹だが、東斜面はなだらかになっている。 そういえば箕輪山東斜面は大斜面だと、どこかで読んだのを思い出した。 東西に長い稜線を東に歩いて、東斜面を眺めると大斜面になっていた。 シールを外し、木が生えているところまで一本滑る。 雪は硬いが、気持ちよく滑れた。 鞍部まではシールを付け直し登り返した。 鞍部から鉄山までは横風が強く、一歩一歩着実に歩いた。 鉄山避難小屋は横から雪が付き、すごい形をしている。 小屋の影で一休みする。

   地図でコースを確認する。ここから真西に滑れば良いはずだ。 シールを着けたまま真西へ進む。 斜面は広大でどこでも滑れそう。 斜面が見えたところでシールを外した。 固い雪面をほとんど直滑降で滑る。 途中で先人のシュプールを見つけた。 昨日のものだろうか? 針葉樹が生えている谷を右(北)に見ながら滑るとちゃんと尾根に入れる。 雪は重くなってきて、スキーがなかなか滑らない。 標高1400付近でいい感じの斜面が途中にあるが、気持ちよく滑れなかった。 ここまで来ると風は収まり、日差しが強く春を感じる。 緩いブナ森をゆっくり滑る。箕輪にこんな森があったのかと感心する。 標高1150mあたりから進行方向を北西に変え、谷底を滑っていくと林道にぶつかった。 林道をちょっと滑って国道115号に到着した。 下山口でも積雪は1m以上あり、まだまだ滑れそう。 ここから通りかかりのトラックに乗せてもらい箕輪スキー場に戻った。

   ちょっとした登りで良い森を滑ることが出来た。 もうちょっと雪が良い時期かザラメの時に来たらいいかもしれない。


  山スキーのページへ戻る

近くの山
1998年の安達太良山スキー、頂上−勢至平経由
1999年の安達太良山スキー、強風で撤退
2000年の安達太良山スキー、頂上−矢筈森経由、すばらしい斜面
2001年の安達太良山スキー、五葉松平
夏の安達太良2000/7月上旬

箕輪山へ上る途中でのパノラマ写真。是非、拡大してみてください。(374kb)(大画面はこっち)

箕輪山から鉄山を望む
箕輪山から鉄山を望む。稜線部より右(西)側はミニ樹氷で楽しく滑れない。

鉄山から箕輪山を振り返る
鉄山から箕輪山を振り返る。真っ白で何も無い稜線。左遠方は吾妻の山々。

途中の斜面
途中の斜面。雪が良ければ最高だろう。

森の中
森の中を滑る。

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com