chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 箕輪山2002

山スキーの記録2002

箕輪山


箕輪山鉄山西尾根上部より磐梯山方面を遠望
箕輪山鉄山西尾根上部より磐梯山方面を遠望

行動日  2002/2月中旬
コース:箕輪スキー場−箕輪山頂−東斜面滑降−鉄山−西尾根−国道115号
Mapこのコースが正しいかは責任を持ちません。(127kb)

   昨年3月に行った箕輪山西斜面に再度行って来た。 昨年は重い雪に苦労したが、今年は雪質もよく、楽しい山スキーだった。

   天気は曇り、箕輪スキー場から見ると上部に薄い雲がかかっている。 リフト回数券を購入し、左側のクワッドリフトで降りる。 リフト終点付近で箕輪に向かう学生と思われる山スキー一行を発見。 ちょっと話すと同じコースを取るようだ。 私は登りが楽な右側のリフト終点から行くと伝え、また会いましょうを挨拶をする。 (ただし、彼らとは2度と会わなかった。) 右側リフトの最上部からシール、スキーアイゼンをつけ歩き出す。 雪は硬く、スキーアイゼンが良く効く。 潅木に雪が付き、コブ斜面のように見えるところをどんどん登る。 昨年は南に巻いたが、今回は北に巻くことにする。 それほど苦労することなく、箕輪山頂に到着した。 ここではくろがね山荘から来たという3人組とすれ違った。 山頂からちょっと滑ると南東の大斜面になったため、シールを外す。 大斜面に大きなシュプールで飛ばす。 ちょっと雪が堅く、滑りにくい。 あっというまに鞍部まで到着してしまった。 このころには天候が回復し、吾妻連峰や安達太良山がよく見える。 再度、シールを付け、鉄山への斜面を登った。 ここは風が強く、非常に寒い。 上部の台地に出ると鉄山避難小屋まですぐだった。 小屋ではソロの2パーティーがいて、料理をしていた。 しかし、今日は人が多い。 休息も程々にし、シールを外して滑降準備に入る。

   地図でコースを確認する。ここからほぼ真西に滑る。 最初、斜面は広大でどこでも滑れそう。 吾妻がきれいにみえる。 下に樹林帯が見えてくるが、北西方面に見える尾根とその南の谷の南側を目標に滑る。 樹林帯に入ると非常に良い雪で気持ちよく滑れる。 針葉樹の尾根をどんどん滑る。 途中からブナの森になり、気持ちよく右よりに滑ったら前が急斜面になってしまった。 地図で確認すると北に寄りすぎてしまったみたいだ。 登りも含めて南にトラバースし、森の中にシュプールを刻む。 次第に尾根が狭くなる。昨年は谷に下りたが、今年は尾根をそのまま進む。 しばらくすると左下に林道が見えるので、林道に向かって滑る。 川を2本渡り、林道をちょっと滑って国道115号に到着した。 ここから通りかかりの1BOXに乗せてもらい箕輪スキー場に戻った。

   ちょっとした登りで良い森を滑ることが出来た。 昨年は雪が良くなかったが、今年は雪もよく満足した。 このコースは、登りが少ない割には、人も少なく、森がよく、名コースだと思う。


  山スキーのページへ戻る

近くの山
2001年の箕輪・鉄山の山スキー、鉄山西尾根
2001年の安達太良山スキー、五葉松平
2000年の安達太良山スキー、頂上−矢筈森経由、すばらしい斜面
1999年の安達太良山スキー、強風で撤退
1998年の安達太良山スキー、頂上−勢至平経由
夏の安達太良2000/7月上旬

鉄山上部からのパノラマ
2月の鉄山避難小屋付近のパノラマ写真。是非、拡大してみてください。(1.16MB)

箕輪山鉄山滑る尾根中部の風景
尾根中部の風景。雪が良かった。

箕輪山を尾根下部より振り返る。
箕輪山を尾根下部より振り返る。

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   山の写真   掲示板

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com