chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 日光XC

山スキーの記録1998

日光XCスキー

小田代から見る男体山
小田代ヶ原から日光男体山を望む

行動日  '98/1月下旬
光徳牧場−小田代ヶ原−光徳牧場

   友人2人とXCスキーをレンタルし小田代ヶ原へ行ってきた。 友人Mの家にお世話になり宇都宮に泊まる。朝早く出発し、光徳牧場でXCスキーをレンタルする。友人2人はXCスキーが初めてだそうで、牧場の雪原で練習する。(私も2度目なんですが・・・)ちょっと練習したところで、実践として太郎山方面の3kmコースに出る。初めてXCスキーをやったときはたくさんコケたような記憶があるが、それほどコケずに滑ることが出来た。個人的な印象ではXCスキーはゲレンデスキーと比較してスキーの幅が狭いため、左右のバランスが難しい。ちょっと踏み込みを間違えると転んでしまう気がする。

   練習もそこそこにして、小田代ヶ原へ向かう。天候は晴れ時々くもりでなかなか良い天気だ。雪質はほぼ粉雪で歩きやすい。積雪は50cmから1m程度で少ないが木道が隠れているので歩くのに支障はない。眺めの良い戦場ヶ原を横切り、湯の湖からの川を渡ったところで休んだ。Mがシートを持ってきたのでお尻が冷たいことはなかった。感謝。途中、林間の登りがあり、ちょっと苦労する。そこを過ぎ、ちょっとすると小田代ヶ原の末端に出た。小田代ヶ原のバス停の方に向かう(バスは走っていないですが・・・)。途中まで林間を歩いていたが、たまらなくなり雪原を横切って歩くようになる。こんな具合にどこでも歩けるのがXCスキーの良いところである。(本当は立ち入り禁止かも知れないが、雪も多いし木等を傷つける心配もないから良いだろう)

   バス停の当たりでしばし休む。XCスキーの人と歩きの人の割合は半々だと思う。カメラマンに歩きの人は多い。スキーだと転んで器材をいためるからだろうか?バス停からはバス道を通って国道に出た。そこから国道沿いをXCスキーを担いで三本松まで歩いた。雪交じりの横殴りの風が強く、なかなか大変だった。三本松からはXCスキーコースに戻り、光徳牧場へ帰った。レンタルスキーの返却期限15:30(だったと思う)にやっと光徳牧場に到着した。ちょっと帰りのコースを選択ミスした気もするが、予定以上のコースを歩くことが出来て満足した。帰りは友人Fのベンツでうたた寝して帰った。

  山スキーのページへ

戦場ヶ原を歩行中の友人Mと友人F
戦場ヶ原にて

小田代ヶ原を上を歩く
小田代ヶ原を歩くMとF

雪と戯れるM
雪の中に何かあるのかな?頭を雪の中に突っ込む友人M

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com