chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 西吾妻

山スキーの記録

西吾妻山

磐梯山を望む
西大巓下部より磐梯山を望む
左下にグランデコスキー場が見える、磐梯山の左側に猪苗代湖が見える

行動日  1998/3月下旬
グランデコスキー場−西吾妻山−吾妻小屋−西大巓−グランデコスキー場

   グランデコスキー場から西大巓経由で西吾妻山へ登った。リフトを使って標高を稼げるので楽な山スキーが出来た。

   グランデコスキー場に車を停めゴンドラとリフト1回券を買う。「登山の方は届けをだして下さい」と注意される。ゴンドラ下のスキーパトロールに届けを出した。「今年は遭難が多い」とのことだ。ゴンドラに乗り、デコ平まで行き、最上部に登れるリフトまで歩く。リフト運転開始時間ピッタリにリフト乗り場に着いた。

   リフト終点からシール歩行始める。トレールがたくさんついていて方向を間違えることはなさそうだ。雪は重い新雪で滑るときはつらそうだ。天候は快晴、登るにつれ後ろに磐梯山と裏磐梯の景色が見えるようになる。周りの木は針葉樹(トドマツか?)で木間の幅は広く、歩きやすい。だらだらした斜面を登っていくと、1時間程で西大巓の山頂直下にでた。西大巓には登らず、東斜面をトラバースする。この部分が適度な斜面で一番広いオープンスペースだ。西大巓と西吾妻のコルからは先人のトレールも少なく緩い斜度を登る。登るというより歩き続けると、西吾妻小屋のそばに出た。そこから頂上へ向ってちょっと登った。しかし、頂上部は広い雪原でどこが本当の頂上なのかわからないので、適当な場所で休んで写真を撮った。それにしてもすごい積雪だ。夏には樹木でまったく展望がない頂上も、今は遮るものがない大展望だ。

   西大巓での登りがあるのでシールをつけたまま滑降に入る。シールの抵抗が大きくうまく滑れない。しかし、滑りは一部分で、緩い下りはシール歩行で下る。あっという間に西大巓と西吾妻のコルに到着する。最後の西大巓の登りをがんばる。頂上に着くと数人が滑降の準備をしていた。グランデコから西大巓だけを往復する人の方が多いようだ。西大巓の東斜面を途中まで滑って、またシールで登ってくるのだそうだ。
  滑降の準備をして、滑りはじめた。最初は東斜面を滑って、途中からトバラースして南に向かう。東斜面部は雪がそれほど悪くなく気持ち良く滑れた。林間に入り、標高が下がり、南斜面になると、重い新雪のためとても滑りにくい。尾根沿いから右側に寄り、グランデコスキー場の最上部に出ることにする。重い新雪に足を取られながらなんとか滑る。下の方からリフトの音が聞こえてくるので、リフトの音を目標に滑る。ちょうどリフトの終点に出た。ゲレンデに出て、しばし休む。ゲレンデは圧雪されており滑りやすかった。下の方では一部雪が無いところがあった。これではGWまで持たないだろう。

   帰りに磐梯熱海温泉に入ってきた。いつもは「かんぽの宿」で温泉に入るのだが、今回は「ユラックス郡山」(だったかな?)に入ってきた。なかなか広くて気持ちの良い温泉だった。(かんぽの宿はいついってもカラオケ大会をやっててちょっとね〜) 今回は3月下旬だったが、この程度の登りなら1月2月に来ても大丈夫そうだ。来年また来ようと思う。

  山スキーのページへ
西大巓下より西吾妻を望む
西大巓下部のトラバース部から西吾妻を望む

西吾妻小屋
西吾妻小屋

飯豊を望む
飯豊山を望む(遠方に白く霞んだ山です。)

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com