chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 立山

山スキーの記録1999

立山   1日目

一ノ越から御山谷を望む
一ノ越から御山谷を望む

行動日  1999/5/1〜1999/5/3
コース:
1日目 扇沢−(立山黒部アルペンルート)−室堂−一ノ越−東一ノ越−タンボ平−黒部平−雷鳥荘(泊)
2日目 室堂−真砂岳−真砂乗越−真砂谷−真砂沢ロッジ−釼沢−別山乗越−雷鳥沢−雷鳥平−雷鳥荘(泊)
3日目 室堂−一ノ越−御山谷−黒部ダム−扇沢
追加1 タンボ平、御山谷の写真
追加2 室堂周辺の写真
追加3 釼沢、真砂沢の写真

   天気は快晴、絶好のスキー日和になりそうだ。 今日は足慣らしとしてタンボ平を滑ることにする。 シールを着け、室堂ターミナルからシール歩行で一ノ越に向かう。 雪は固めのザラメで滑りやすそうだ。 1時間弱で一ノ越へ到着した。 天気は快晴で北アルプス南部の山々が一望に見える。 ちょっと休み、記念写真を撮り、滑走の準備をする。 東一ノ越まではちょっと滑ってトラバース道に出た。 最後の500m程は雪が無く、スキーを担ぎ、夏道を歩いた。 20分程で東一ノ越へ到着した。 ちょうど4人組が出発する所だった。

   天気は快晴で、鹿島槍ヶ岳から白馬までの大展望である。 眼下には標高差が約800mあるタンボ平の大斜面が一望に出来る。 これを見て、立山に来たことを実感する。 下の方には観光客が一杯つまったロープウェーが動いている。 タンボ平上部には雄山側からの雪崩跡が何筋か見えている。 あれをよけて下の方を滑ることにする。 ビンディングを締め、滑降の準備をする。 気合を入れ滑り出す。 最初は急なので右の方へ斜滑降してから滑り出す。 (昨年より雪庇は小さい気がする。) 雪質は固めのザラメで滑りやすい。 雪崩跡をよけながら、気持ち良いターンを続けることができた。 タンボ谷に入らないように北方面にトラバースする。 ふと上方を見ると、ロープウェーが動いている。 ロープウェーの人がこちらを見ている。 思わずロープウェーに負けまいと多少スピードを上げた。 ロープウェーが駅に入る前には、最後の緩い斜面を漕いでロープウェー下駅直下に出た。 滑走はわずか10分であった。 スキーを担ぎ、黒部平駅に到着した。 早速ビールを買い、先ほどの4人組みと乾杯した。

   再度、ロープウェーと地下トロリーバスを乗り継ぎ、室堂へ到着した。 当日は雷鳥荘に泊まった。

  次の日へ
  山スキーのページへ
白馬から鹿島槍を正面にみて滑る。
東一ノ越からのタンボ平への滑り出し

タンボ平を振り返る
黒部平からタンボ平を振り返る

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com