chibaの山と山スキー  Home > 山スキー  > 立山

山スキーの記録1999

立山   3日目

御山谷中部より下を見る
御山谷中部より下を見る。左に人が滑っている。

行動日  1999/5/1〜1999/5/3
コース:
1日目 扇沢−(立山黒部アルペンルート)−室堂−一ノ越−東一ノ越−タンボ平−黒部平−雷鳥荘(泊)
2日目 室堂−真砂岳−真砂乗越−真砂谷−真砂沢ロッジ−釼沢−別山乗越−雷鳥沢−雷鳥平−雷鳥荘(泊)
3日目 室堂−一ノ越−御山谷−黒部ダム−扇沢
追加1 タンボ平、御山谷の写真
追加2 室堂周辺の写真
追加3 釼沢、真砂沢の写真

  前日へ

   今日は天気が良ければ御前谷を滑ろうと思っていた。 しかし、天気があまり良くなく、頂上は雲に隠れている。 霧の中を滑りたくはないので、どうするか迷う。 一ノ越は雲に隠れていなため、御山谷を滑ることにする。 一ノ越までシール登高した。 夜にちょっと雪が降ったようで1cm程の新雪がある。 昨日のザラメはアイスバーンになっていた。 1時間半程で一ノ越に到着した。 ずいぶんと人手が多く、峠は雄山へ登る登山者、タンボ平へ行くスキーヤー、 御山谷へ下山するスキーヤー等でごった返していた。

   シールを外し、靴を滑走モードに、スキーを付け滑走の準備をする。 御山谷の上部はアイスバーンであった。 滑るにつれザラメに変わってきた。 上部の終わりである巨岩まではすぐついた。 巨岩の上で休んでいる人は、一ノ越まで登り返すと言っていた。 巨岩のを過ぎて広い谷底を飛ばす。 シュプールが沢山ついており、深いザラメが滑りにくい。 シュプールが付いていないところを目指して滑る。 標高1900m付近の滝は水が出ていた。 滝は右側から回り込むことで避けれる。 標高1800m程度になると谷は狭くなり滑りを楽しむと言うよりは、 下山のために距離を稼ぐと言う感じになる。 先人のシュプールをたどり、一度スキーを脱ぎ5m程登る場所があった。 最後は横滑りで川を渡る橋に出た。 30分程度の滑走だった。

   スキーを外し、一休みした。 一休み後、スキーをザックに付け、黒部ダムへ向かい、歩きはじめた。 最初は山道であり、私の兼用靴でも歩きにくい。 ストックを使いうまくバランスをとりながら歩く。 ロッジくろよんから先はコンクリート舗装された道で、 雪割り草等を見ながら歩いた。 黒部ダムへ到着すると、観光客が長い列を作っていた。 混雑の中、トロリーバスに乗り扇沢へ到着した。

  山スキーのページへ
上部の巨岩で休む人
上部の巨岩で休む人、登りかえすそうだ。

御山谷下部
御山谷下部。水流が出ているので、山腹をトラバースする。

橋を渡り滑走終了
滑走終了点の橋。

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰   掲示板

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com