北アルプス薬師岳、黒部五郎岳登山の記録(1日目)

行動日  '98/8月中旬 (3泊4日)
1日目 折立−太郎平−薬師岳−太郎平小屋(泊)
2日目 太郎平−太郎山−北ノ俣岳−黒部五郎岳−三俣蓮華岳−三俣小屋(泊)
3日目 悪天候のため昼まで停滞−黒部源流−ワリモ乗越−高天ヶ原(泊)
4日目 高天ヶ原−大東新道−薬師沢小屋−太郎平−折立
その他  悪天候時の事例

太郎平から見る薬師岳
太郎平から見る薬師岳。左側に頂上がある。

 今回は北アルプス中央部の薬師、黒部五郎、水晶岳を登ろうと折立からの周回コース(ダイヤモンドコースというらしい?)を取ることにした。天候は芳しくないが、小屋泊まり、食事付きで荷を軽くし、速攻でまわることとした。私が歩いた経過を下記に示す。
 

0日目

9:30 日立を出発、高速代がもったいないので途中まで下道で行く、
13:30 会津坂下から高速に乗る、有峰林道は夜間通行止めなので心配になり途中で電話をかけて確認する。なんと、大雨のため富山側からの道は通行止めだそうだ。定期バスも運休中だそうだ。仕方ないので岐阜側から行くことにする。雨の中、夜8時直前に大多和峠まで到着した。峠は通行止めであった。管理人さんの話によると一つ東の「東谷」の道だけは通行できたとのこと。私の地図には岐阜側からは大多和峠の道1本しか書いていなかったが、もう一本新しい立派な道ができたようだ。地図は定期的に新しくすべきだと感じた。仕方ないので朝まで待つことにする。
1日目 折立−太郎平−薬師岳−太郎平小屋(泊)
 天候はくもりであまりよい天気ではない、朝6時半に何とかゲートを開けてもらい折立に7時過ぎに到着した。あまりひどい天気なら登山を一日のばそうと思いながらも荷物の整理をしていた。ラジオを聞いていると、どうも午後から天気は回復しそうだ。8時頃から天候が回復し始め、薄日が射してきた。8時半過ぎに折立を出発した。折立から歩くのは2度目だ。1度目は9年前の夏に雲ノ平から槍に抜けた。

  最初の森林帯は雨の後でドロドロだが、水溜まりは多くなかった。林間の急坂を登るとすぐに草原に出てしまった。こんなに低いところから草原が広がっているのかと感心する。再度、林間に入り、緩い上りを歩くとまた草原に出た。天候は回復しつつあり、左側に薬師岳の下部稜線が見える。頂上はまだ雲の中に隠れたままだ。緩い斜度の草原はもう花期が終わってしまったようで、ほとんど高山植物が咲いていない。コバイケイソウの葉だけが目立つ草原だった。草原中の登山道は幅が10m以上あり、すごい湿原破壊だと感じる。中央に最近できた立派な石組みの登山道があるが、両側のガレを見るともう遅い気がする。

  歩き始めて3時間で太郎平に到着した。ご飯を食べながら周りの人と話しをすると、どうも今年はとんでもなく悪天候のようだ。3泊の山小屋で聞いた悲惨な体験談を最後にまとめて示す。

  天気は回復傾向であり、黒部五郎方面から来たおじさんと2人で薬師岳を往復することにする。話をすると私と同じで今年('98)の5月の連休にはみくりが池に泊まって立山で山スキーをしていたそうで、どこかで会っていたかもしれない。薬師岳への登山途中にも花畑はあったが、ほとんどの花は終わっていた。雪渓もなくなっており、まるで秋の山のようだった。薬師岳肩の小屋では今日の宿泊者が10人程度だそうだ。とても真夏の山小屋とはおもえないすきようだ。薬師岳肩の小屋からは砂礫地の緩い上りが続き、ニセのピークを越えて薬師岳山頂に到着した。太郎小屋から1時間40分であった。さすがに空身だと楽だった。最初、霧の中だったが、霧が晴れてきて針ノ木から水晶への稜線がばっちり見えた。南北の方ははっきりせず、双六や立山は雲の中であった。山頂から北側を見ると、巨大なカールと北薬師岳が確認できた。しかし、カールの底には直径10m程度の残雪しかなかった。山頂で記念写真と風景写真をたくさんとった。おじさんと2人でここをスキーで滑りたいねといいながら下山した。

  太郎平の小屋は広く、清潔な感じの小屋であった。当日の宿泊者は50人ぐらいだろうか?布団は1人1枚で2畳を自由にすることができた。

次の日に続く


朝6時の大多和峠の様子。雨が降っている。(デジカメ DC-2Eで撮影)

何とか太郎小屋に到着。なかなか大きな小屋だった。(デジカメ DC-2Eで撮影)

薬師岳山頂標識。ちょうど天候が回復し、後立山方面が見える。

薬師頂上から見る北薬師とカール。雪はほとんど残っていない。

水晶岳を望む(中央左側)、右で雲に隠れているのは鷲羽岳

中央カールと水晶岳

太郎平に戻って。(デジカメ DC-2Eで撮影)

  topページへ  
 
  山スキーのページへ

  山歩きのページへ