山歩きの記録1999

箕輪山

鬼面山稜線にて
霧の中の紅葉(鬼面山稜線にて)

行動日:1999/10月中旬
コース:新野地温泉−鬼面山−野地温泉

   秋になったのでダケカンバの紅葉を期待して野地温泉から箕輪山へ向かった。 しかし、紅葉は終わっており、霧と強風のため頂上へは行かなかった。

7:00  新野地温泉登山口発
   天候は霧で風が強い。 新野地温泉のとなりの登山口から入山した。 登山口には5台程停めれる駐車場があった。 最初はブナの森の中を登る。 ブナの葉は一部紅葉しており、葉が落ちている木も多かった。 霜でもおりたのだろうか。鮮やかな紅葉というには程遠い。 しばらく行くと稜線に出た。 そこからほとんど平らな稜線を少し行くと潅木の尾根になり、野地温泉への分岐に到着した。 非常に風が強く、霧のため展望が全く無い。 ダケカンバの紅葉を期待したが、もう葉が残っていない。

  そこからは潅木帯となり、北西の風をまともに受けるようになる。 途中からちょっと急な尾根になってくる。 東側は非常に急になっているようだが霧のため良く分からない。 歩くうちに鬼面山の頂上に到着した。8:00頂上到着。 予想通りキリのため展望がない。 ダケカンバも実だけになっていて葉が皆落ちている。 箕輪頂上はまたの機会ということにして引き返した。 帰りは野地温泉へ出る道を下山した。 同じようにブナの森だった。 8:50野地温泉着

   後は野地温泉にはいって帰ってきた。

山歩きの記録へ戻る

ぶなの森の斜面
ぶなの森の斜面

森の紅葉
森の紅葉

本当の空
雲間から青空。これが安達太良の「本当の空」?

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com