山歩きの記録1999

箕輪山

飯豊と西吾妻
飯豊(左)と西吾妻(右)を望む。飯豊は白い。

行動日:1999/11月中旬
コース:箕輪スキー場−箕輪山(往復)

   天気が良いので一月前に撤退した箕輪山に行ってきた。 頂上からはすばらしい展望であった。

   本当は裏磐梯スキー場から裏磐梯に登ろうと思ったが、やめて箕輪山にした。 箕輪スキー場に車を置き、スキー場の脇(北側)の登山道を登る。 途中で何度か林道を横切る。 木々の葉は全て落ちている。 天気は快晴で、すばらしく見晴らしが良い。 最初はぶなの森を登る。途中からササ原になる。 スキー場より高いところではドロ道になっており、ちょっと歩きにくかった。 後ろ遠方に飯豊が見えてくる。 周りの山(磐梯、吾妻)には雪は見えなかったが、さすがに飯豊は白かった。 途中から潅木の道になり、ちょっと傾斜が緩くなってくると頂上だった。 歩きはじめて1時間強で頂上に到着した。 頂上からは1月前に来た鬼面山が眼下に見える。 その向こうには吾妻の山々が連なっている。 西に目を向けると、磐梯山がピラミッド型の山影をみせており、その南方には会津の山波が見える。ひときわ高い燧、そのそばに会津駒の横に山が見える。 日光、そして那須方面も良く見える。 南には安達太良山頂へ続くなだらかな溶岩台地が広がっているのが見える。 確かにここは雪が降ったら楽しそうだ。

   展望を存分楽しみ、写真を沢山とり、山頂を後にした。 帰りはスキー場までは同じ登山道を通り、クワッドリフトの終点からゲレンデに入って ゲレンデを下った。 箕輪スキー場は新しいスキー場だが、ゲレンデには芝が生えておりそれほど造成の跡を感じなかった。 下の急な部分はジグザクに下ってスキー場の駐車場に到着した。 週末にはスキー場オープンのはずだが、まだ全く雪が無く、芝も緑だ。 (と思っていたら2日後に雪が降ったようです。)

   非常に展望が良く、楽しい登山だった。 今度はスキーで行きたいものだ。

山歩きの記録へ戻る

磐梯山を望む
ゲレンデ上部より磐梯山を望む。

葉が落ちた木
ゲレンデ脇の落葉の木。冬の厳しさが分かる。

安達太良山頂方面溶岩台地を望む
頂上より安達太良山頂方面溶岩台地を望む

磐梯山と南会津の山波
頂上より磐梯山と南会津の山波。非常に高山的な雰囲気だった。

東吾妻
頂上より東吾妻を遠望。下に見えるピークは鬼面山。

太陽と安達太良山頂
頂上より安達太良山頂(左の凸部が頂上)

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com