山歩きの記録

塩見岳

3052m

塩見岳東峰と富士山
塩見岳東峰と富士山


コース:11/1 鳥倉林道−豊口コース−三伏峠(三伏峠小屋泊)

          11/2 三伏峠−本谷山−塩見岳−本谷山−三伏峠−鳥倉林道

11/1 天気晴れ

   伊那谷の大鹿村から唐松の紅葉と赤石岳を撮りに行ったのだが、あまり雪をかぶっていないのでがっかり。しかし、せっかく雪が無いのだからどこか登ることにする。以前から行ってみたかった鳥倉林道経由塩見岳往復にする。

   10年前に鳥倉林道を通った時はすごい砂利道で大変だったが、今はほとんど舗装されてしまった。林道は登山口の2km程手前で工事中のため通行止になっていた。急いで準備をし、12時過ぎに出発した。工事は排水溝の工事ですぐに終わりそうだった。来年は舗装されているだろう。

   がんばって歩き、30分程で登山口(豊口コース)に着いた。標高は1800m程だろうか?車が10台程度停めれるスペースがある。最初は唐松林にジグザグと道がついていて、短い尾根歩きの後、右側へ長いトラバースになる。トラバースが終わると豊口山の稜線に出た。ここで唐松林は終わり、道は原生林の中、稜線の北側にトラバース気味でつけられている。非常に良く踏まれた歩きやすい道だ。途中に細かいアップダウンがあるが、適度な斜度で歩きやすい。私の古い地図(エリアマップ '90年購入)には「倒木多し」と書いてあるが、道は良く整備されており倒木をまたぐ所はあまり無かった。コップがおいてある小川を越えて一歩きで塩川ルートとの合流点だった。そこから山腹をジグザグ歩き三伏峠に到着した。登山口から2時間であった。北沢峠を除くと、南アルプスでもっとも早く稜線に立てるコースではないだろうか?

   小屋に荷物を置き、三伏小屋まで水を取りに行った。往復30分程度かかった。当日の三伏峠小屋の宿泊者は6パーティ、12人であった。(三伏小屋は5人泊まっていた。)三伏峠から見る塩見岳は全く雪が無い。間ノ岳、赤石、悪沢が雪をかぶっていているところを見ると、標高3100m程度が現在の根雪のラインのようだ。(向きもあるかな?)

11/2 天気曇り

  6:10出発 さすがに寒いが、夜間に天気が良かった割には寒くない。一登りで三伏山に到着する。高曇りのため、非常に展望が良い。御岳、乗鞍、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳等が見えた。悪沢の北斜面はずいぶんと雪を付けており、スキーに最適ななだらかな斜面だ。パノラマ写真を撮った後、出発した。 だらだらと長い下りの後、三伏小屋からのコースと合流し、本谷山への登りにかかる。だらだらした登りの後、本谷山に到着した。塩見岳が大きく見える。本谷山から立枯の多い稜線を歩き、トラバース気味に下り、最後に森の中を直登する。以前、5月に来た時にラッセルで苦労したところだ。直登をすぎると、斜度が緩くなり、塩見新道と合流すると、すぐに塩見小屋に到着した。この当りからハイマツの高山帯になり、頂上まではすごく風が強く、寒かった。

   塩見小屋付近でちょっと休み、すぐに歩き続ける。どんどん斜度がきつくなり、岩場が多くなる。頂上の標識が意外に近く見える。いやな砂礫、浮き石が多 い場所を過ぎ、がんばって登り続けると、9:10にとうとう頂上に到着した。私にとって7年振りの塩見岳頂上であり、2年振りの3000m峰の頂である。雪は北斜面以外にはほとんど無く、北斜面でも5cm程の積雪だった。展望が良いが、下界は雲海で覆われており、上空には薄い雲が広がり、富士山だけが上下の雲をつないでいる。視覚的に横の広がりを感じさせる景色だった。北アルプスは晴れているようで、積雪がはっきり見えた。頂上では転付峠を越え蝙蝠岳経由で来たと言う人と会った。時間があったら行きたいコースだ。

   山頂で30分程休んだ後、下山を開始した。行きと同じコースをたどって帰った。本谷山までの緩い登りと三伏山までの緩い登りが足にこたえた。12:10三伏峠小屋着。寝袋等をパッキングし直し、下山にかかる。14:00豊口コース登山口着。紅葉の写真を撮りながら林道を歩き、14:50駐車場着。

   後は林道をうろうろし、写真を撮って、赤石荘のすごい展望風呂に入って大鹿村を後にした。


参考に

・三伏小屋の水場は遠い、塩川分岐の直前にある水場で水を汲むといい。

・三伏峠小屋の冬期小屋は狭い(20畳程か?)。三伏小屋の方が広い。

・日が長い時で、足が早い人なら塩見岳日帰りも不可能ではない。

山歩きの記録へ戻る
パノラマ
三伏山からの展望(クリックすると拡大します。114kB)

登山口
鳥倉林道の登山口(豊口コース)。唐松のなかの明るい道。

三伏峠からの展望1
三伏峠から南方面の展望。正面の大きな山が小河内岳。その右遠方が荒川岳、赤石岳。

三伏峠より見る塩見岳
三伏峠より見る塩見岳

三伏峠からの展望2
三伏峠から南方面の展望。左が赤石岳、中央の横に長いのが聖岳、右が兎岳、中盛丸山、大沢岳。

三伏峠からの展望3
三伏峠から北方面の展望。左の山が三伏山。遠方左側の雪山が北岳、右は間ノ岳。農鳥も少し見えている。

烏帽子岳と月
三伏峠から東方面の展望。烏帽子岳と月

塩見岳頂上の標識
塩見岳頂上。遠方は荒川3山

富士山と蝙蝠岳
富士山と蝙蝠岳(右)

塩見西峰と北アルプス
塩見岳西峰と北アルプス。蝙蝠を越えてきた人が写っている。無事下山したろうか?

トップ   山歩き   山スキー   オススメの山   更新記録   私は誰

chibaの山と山スキー  tomo@chiba3.com